佐々木蔵之介の出身大学は神戸大学農学部!東京で浪人していた経歴も?

 

この投稿をInstagramで見る

 

MONIKA🇯🇵🇮🇹(@mocha_dpgirl)がシェアした投稿

端正な顔立ちと、幅広い役柄を演じられるたしかな演技力で実力派俳優として人気を誇る、佐々木蔵之介ささきくらのすけさん。

男性芸能人の“独身四天王”とも呼ばれていて、女性ファンの多いイケメン俳優として知られていますよね。

佐々木蔵之介さんって、本当に劣化しませんよね。テレビで見るたび感心してしまいます。顔もそうですが、スタイルも変わらずキープされていて、いつ見ても素敵です❤️

そんな佐々木蔵之介さんは、佐々木酒造という蔵元さんで、蔵之介という芸名も「家に酒蔵があるから」という理由で、父親が命名したということは有名な話です。

本来蔵元を継ぐはずだった佐々木蔵之介さんが俳優の道を選んだターニングポイントは、大学時代にあったようなのです。

大学時代のエピソードも合わせ徹底的に調べてみました。どうぞ最後までご覧ください!

 

佐々木蔵之介の出身大学は神戸大学農学部

佐々木蔵之介さんは、お酒の醸造を学ぶために東京農業大学 農学部 醸造学科に入学し、その後、神戸大学 農学部に入学・1992年3月に卒業されています。

出身大学が神戸大学農学部であるということは多くのメディアで紹介されているのですが、その前に東京農業大学に入学していたということは、公式には発表されてはいないようでした。

気になって調べてみると、過去のインタビューで「兄がとても優秀で引目を感じていた。京都の高校に進学したものの成績は下の方だったため、東京の私大に入学してからも、もう一度受験しようと思って予備校に通っていた。」といったコメントがあったよう。

当時1歳違いのお兄さんは、家業を継がないと東京大学で建築を学んでいたそうで、佐々木蔵之介さんが家業を継ぐことに。

家業を継ぐことへの責任感とお兄さんへのライバル心が、東京農業大学で仮面浪人し、国立の神戸大学を再受験するというきっかけになったのではないでしょうか。

 

神戸大学農学部ってどんなところ?

佐々木蔵之介さんの出身大学、神戸大学農学部とはどんな大学なのでしょうか?

国立大学なのですから学生さんは皆頭の良い方ばかりなのかなーと思いますが、偏差値や校風・理念、農学部の特色など、神戸大学農学部について詳しく調べてみました

 

この投稿をInstagramで見る

 

神戸大学(@kobe_university)がシェアした投稿

 

偏差値

神戸大学は、偏差値60~78

その中でも農学部は、偏差値64~69 とのこと。

入試難易度は、中〜 といったところでしょうか。

 

 理念・学生像

農学部では、食料・環境・健康生命をキーワードとし、農場から食卓までの諸課題の解決を通じて、人類の生存と福祉に貢献することを理念としています。

引用元:神戸大学公式HP

神戸大学農学部の公式HPのトップページには、「農場から食卓まで」という言葉が大きく掲載されていました。

農場から食卓まで「食料・環境・健康生命」を科学する学部とのことです。

また、使命として以下のように書かれています。

食料の安定供給、環境保全、新規バイオ産業の創生と食の安全安心に向けた科学技術の開発を通じて社会に貢献できる人材の育成を目指しています。

引用元:神戸大学大学院農学研究科・神戸大学農学部公式HP

 

神戸大学農学部ってどんなところ?

神戸大学といえば、関西最大規模を誇る学園祭「六甲祭」が有名です。

毎年11月中旬に開催され、4万人もの来場者があるんだとか!すごいですね!!かなり盛大な学園祭のようです。

農学部というと、「みんな農業を学びにきている」と思われがちですが、そうではありません。

もちろん農家のご子息の方もいらっしゃいますが、農業自体を志している学生さんだけではなく、農学部はもっと幅広い分野を学べる学部です。

農業のことはもちろん勉強していますが、それだけをする学部ではなく、農業に密接に関わる研究なども行われています。

品種改良害虫対策なども研究されているそう。

また、農業という事業をどのように継続させていくかという「農業経営・農業政策」などの分野があったり、農業に使う機械や、土木などの工学分野も学ぶことができ、その他にも、遺伝子組み換えなどのバイオ技術を学ぶ学科があったりと、学ぶことの分野が幅広いのが農学部の特徴のようです。

 

神戸大学出身の有名人

流石に国立大学だけあって、多くの有名人の方が卒業されているようです。

その数なんと、127人! だとか。

『ジョーカー・ゲーム』や『トーキョー・プリズン』などの作品で知られる、小説家の柳 広司さんも神戸大学出身なんですね!個人的な話ですが、大ファンです。

超有名どころですと、2012年のノーベル生理学・医学賞を受賞した、山中 伸弥教授も神戸出身です。

また、出光興産の創業者である出光 佐三さんや、トヨタ自動車の初代社長の豊田 利三郎さん江崎グリコの社長・江崎 勝久さんスカイマーク社長の西久保愼一さんなどの、実業家の方々も神戸大学出身でした。

錚々たるメンバーですね!!

 

佐々木蔵之介の大学時代がすごい!?

佐々木蔵之介さんは、大学時代どんな学生さんだったのでしょうか?

バラエティ番組に出演されている姿などを拝見すると、刑事ドラマなどの作品中で見せるクールな表情とはまったく違った、親しみやすい笑顔が印象的な佐々木蔵之介さん。

意外にもおしゃべり好きな関西人!しかも、ちょっとオトボケなところもあったりととてもチャーミングな方でもあります。

そして当時もイケメンだったでしょうから、さぞや女子にモテたのではないでしょうか。

神戸大学農学部在学中のエピソードなどを集めてみました。

 

所属したのは○○サークル

佐々木蔵之介さんが所属していたサークルは、ずばり!演劇サークルです。納得ですね。

お兄さんにコンプレックスを感じていた佐々木蔵之介さんは、当時は人前で話すことが苦手だったんだとか。

神戸大学入学後のオリエンテーションで演劇サークルを見かけ、他の部員さんがとても楽しそうにしていたことと、大学卒業後はすぐに家業を継ぐよう言われていたため、それならば人前できちんと話せるようになっておくことが必要と思い、演劇サークル入部を決めたそうです。

ちなみに、演劇サークルには1年生の時から所属されていて、初舞台で主役を演じた時のことが忘れられないと語っています。

「もうひとつの地球にある水平線のあるピアノ」という1年生だけの新人公演で主役を務めました。5~60人ほどの小さい劇場でしたけど、初めての舞台は1回ですし。舞台の最後に、お客様に拍手をいただいたときの感覚は今でも覚えています。

引用元:マイナビ 学生の窓口

 

在学中から劇団に所属

大学のサークルで演劇と出会った佐々木蔵之介さんは、その後、演劇研究会「はちの巣座」に所属。そして、大学2年生の時の劇団「惑星ピスタチオ」の旗揚げに参加しています。この頃からお芝居が日常になっていきました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

新井 聖美(@boomtur519)がシェアした投稿


そして、お芝居にのめり込んでいくうちに、卒業後すぐに家業を継ぐという考えはなくなっていったんだそう。

公演をやっていたので、お芝居というものは作るだけではなく、それをいかに売っていくか、PRも大事だと思っていた

 引用元:スポニチアネックス

このように語る佐々木蔵之介さんは、お酒造りに関しては後に学べばよいと考えるようになり、まずはお酒をどう売っていくかを考えた方がいいと思い、それが広告代理店への就職に繋がっていったそうです。

 

まとめ

今回は、佐々木蔵之介さんの出身大学・神戸大学農学部について、また在学中のエピソードなども合わせて調べてみました

結果、佐々木蔵之介さんは、1988年4月に神戸大学 農学部に入学し、1992年3月卒業されていることがわかりました。

大学1年生の時から演劇を始め、劇団に所属してからは更に本格的に演劇に取り組んでいった様子が伺えます。

本来の目的だった「実家を継ぐため」はどこにいった?という感じですが、本当にお芝居が大好きだったんですね!

「お酒を売るためにはPRが大事」というのは、もはや言い訳にしか聞こえませんww

これからも演技派俳優として活躍を応援したいと思います!

最後までお読みいただきありがとうございました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)